スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
地盤改良のことを考えた
建築士さんと第2回の打ち合わせ。こちらがいいと思った間取りなどを見てもらいます。
まず「狭い子ども部屋希望」という私の提案。子どもが小さいウチはいいが、大きくなったら友達と麻雀したりとか出来ないよという話に。そっか、男の子の部屋ってそういうたまり場的要素も必要なんだなあと改めて思った次第。
次に「リビング傍のスタディーコーナー」。これはなかなかいい感じの反応。採用される予感です。ただしほりごたつ形式はどうかな?と。だって掃除がしにくいですから。

その後建築士さんと建設予定地に行ってみました。土地を見てもらって「かなり土を入れないとダメですね」と言われ、更に「排水はどうなってますか?」とも言われ、最後に「宅地にするのにかなりかかりそうですね。土地を買うよりは安いと思うけど」と言われて、なんだか暗雲たれ込めてきた気分に。

にほんブログ村 住まいブログへ

banner
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【2007/06/27 00:30 】
行動してみた | コメント(0) | トラックバック(1)
<<たたき台上がってくる | ホーム | 契約を済ませました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://y235.blog49.fc2.com/tb.php/114-6d83e4c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
地盤地盤とは、橋脚、建物等の構築物の基礎を支える地面のことを言う。地震の際には、地盤のやわらかいところは、かたいところよりも震度が大きくなることが明らかにされている。新潟県中越地震は比較的地盤のかたいところで起きた地震の例としてあげられる。沖積平野に広く 地球環境を調べる【2007/07/25 06:35】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。